1年間たくさんお世話になった年長組さんに『ありがとう』を伝えたくて、小さい組の子どもたちが『ありがとうの会』を計画してくれました。年中組さんからお兄ちゃん・お姉ちゃんに招待状を渡しました。それぞれの学年でどんなことができるのか話し合い、年中組の子どもたちがリードして進めてくれました。お弁当を食べる時に準備や片付けのお手伝いをしてもらったり、歩いて帰る時に手を引いて帰ってもらったり、優しく声をかけてもらったり、一緒に遊んでもらったり…たくさんの“ありがとう”があります。
『おにいちゃん・おねえちゃんありがとう」心温まる素敵な会となりました。