夏の風物詩。そうめん流し。
流れてくるそうめんをキャッチするのは至難の業。それでも、食べることにどん欲な子どもたちは必死です。「おいしかった」「もっとたべたかった」と大満足の様子でした。