11月のアドベントに入ったときから、子どもたちのイエス様のお誕生をお祝いする気持ちは、日々高まっていきました。クリスマスの礼拝は、光の礼拝、ページェントと続きました。
年長組の子どもたちが主になり、年中組、年少組と一緒に行ったページェントは、年齢を超えて、子どもたち一人ひとりの心がひとつになるとても貴重な経験となりました。クリスマス当日、ページェントを終え舞台からおりてきた年長児が、私に「えんちょうせんせい、うれしいきもちとドキドキしたきもちだった。」と伝えてくれました。その表情は、達成感と喜びに満ちあふれキラキラと輝いていました。その言葉を聞いた私の心も喜びが満ちあふれ幸せな気持ちになりました。
ホールでの、礼拝が終わった後は、各クラスでアドベントカレンダーの最後の窓を開けたり、クランツに4本目のろうそくに火を灯したりとクリスマスのお祝いをしました。子どもたちからお家の人にサプライズのクリスマスプレゼント。そして、サンタさんから子どもたちにクリスマスプレゼント。言うまでもなく、子どもたちは大興奮、大喜びでした。