ひらひらと葉っぱが舞い落ちる11月。毎年、中旬にもなると、聖モニカ幼稚園にある“もみじ”が少しずつ色づき、紅葉の見事なグラデーションが織りなす、自然の美しさに心動かされます。朝日を浴びた“もみじ”はきらきら光りとても幻想的です。そして、その神秘的な景色を十分に味わった後には、もみじの赤いじゅうたんができ、子どもたちは、その上を歩いて足音や感触を喜んだり、もみじのシャワーを浴びて歓声をあげたり、バリエーションに富んだおままごとを楽しんだり…。そんなふうに“もみじ”は、子どもたちの遊びを豊かにしてくれます。
ある朝、子どもが、「ハロウィンのはっぱみつけた!」と心弾ませて登園してきました。すぐその後ろからお母さんがお見えになり、お母さんが開いた手のひらの中には、なんとハロウィンかぼちゃの形をした枯れ葉がのっていました。枯れ葉がいい感じに破れていて、よく見るとハロウィンかぼちゃに見えるのです。この子どもの気づきがなければ、見過ごしてしまうような小さな発見だったと思います。研ぎ澄まされた子どもの感性に、また心癒される朝の一コマでした。

 秋の深まりと共に、子どもたちの人間関係も深まり、ごっこ遊びが一層広がっていくのもこの時期です。ごっこ遊びと言ってもいろいろな遊びがあります。鬼ごっこに、おままごと、お店屋さんごっこにコンサートごっこ…などなど様々です。特に、モニカ祭りを楽しんだ後はごっこ遊びが盛んになり、子どもたちは経験を遊びの中で表現しながら友だちとの交わりを深めていきます。ごっこ遊びは、個々が持つイメージを共有して、役割分担をしたり、必要な物を集めたり作ったり、よりおもしろく、楽しくなるようにアイデアを出し合ったり、工夫をしたりします。その遊びは、何日も続くこともあり、「あしたも、○○ごっこする!」と翌日の登園を楽しみにする姿も見られます。子どもたち一人ひとりが、思っていることや考えていることを出し合いながら、自分たちで遊びを進めていけるよう時間を充分にとり、また、イメージしたものが表現できるような環境を整えることを心がけています。一方、遊びの姿だけではなく、一人ひとりが自分の思いや考えをどのように表現し、友だちの思いや考えをどう受け止めているのか、そのかかわり方や気持ちの動きも大切にしていきたいと思います。      園長 松尾栄理香