年長組の子どもたちが、広島市の防災センターに行き、火災時や地震の際の避難の仕方を学んできました。『火災の時は、煙を吸わないように鼻や口を覆う』、『地震の時は、机やイスがない場所では頭を覆う』ことをまず初めに教えていただきました。その後、火災が起きとことを想定し、実際に廊下に無害の煙が蔓延する中、腰を低くして口と鼻を覆い、壁伝いに避難しました。また、震度7の地震を体感し、机の下に避難する訓練も行いました。臨場感あふれる訓練は、子どもたちにより一層の防災意識を高めたことでしょう。当日は、あいにくの雨でしたが、子どもたちは防火服を着用し、消防車に乗せていただきました。これもまた、貴重な体験です!!